フィリピン公文書取得及び翻訳

公文書取得業務では、日本の公的機関などに提出するためにフィリピン行政機関公文書を取得代行するサービスです。PSA出生証明書、独身証明書、婚姻証明書、DFAアポスティーユ、その他フィリピン行政機関発行各証明書、公証人認証の取得及び日本語翻訳を行っています。


所要日数

日数は日本の指定住所に配達されるまでを含みますが、地域によってはそれ以上の日数を要する場合があります。
PSA出生証明書/婚姻証明書/死亡証明書 約5日
PSA独身証明書/婚姻歴証明書 約7日
DFAアポスティーユ 約5日

現在アポスティーユ取得には30日程度かかりますのでご注意下さい。

上記以外の文書についてはお問い合わせ下さい。


取得費用(税込)

PSA出生証明書/独身証明書/婚姻歴証明書/婚姻証明書/死亡証明書 9,000円
DFAアポスティーユ 10,000円
アポスティーユでは、認証するPSA証明書が不鮮明な場合、サポート文書として地方民事登録局(LCR)発行証明書の提出も求められます。その際は別途6,000円が加算となります。LCR証明書はPSA証明書と合わせてアポスティーユ認証されます。


配送費用(税込)

フィリピンからFedEx(フェデックス)で直接配送(手数料込)いたします。
FedEx配送料 9,000円


PSA証明書、アポスティーユの日本語翻訳(税込)

PSA出生証明書、婚姻証明書の日本語翻訳 3,000円
PSA独身証明書/婚姻歴証明書の日本語翻訳 2,000円
PSA死亡証明書の日本語翻訳 5,000円
アポスティーユの日本語翻訳 2,000円


費用お支払

費用はご注文時の一括支払となります。


契約

総額10万円以上の場合、事前に業務委託契約書サンプルをご覧いただいた上で、お客様と当社の間で業務委託契約書を取り交わします。10万円以下の場合は利用規約の同意を契約書に準ずるものとします。


その他

申請者は有効期限内のフィリピン国パスポートコピーが必要です。お持ちでない場合は追加費用として12,000円がかかります。


フィリピン英文私署証書の作成及び認証

日本での公証認証、日本外務省認証、駐日フィリピン大使館認証などを必要とする場合、フィリピン書式の英文私文書作成、また遠隔地の方のために認証代行も行っております。お見積もりいたしますのでご相談下さい。